スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120606DDRイベントの資材ファンド

20120606

写真は上大岡FreeStylers2にて使用したNU Board(ヌーボード)A3サイズ。
まさか、まだその時の文面が残ってたなんて。

先月の19日にDDRイベントをなんとか無事に終了させましたのはご報告のとおりです。
舌の根も乾かぬ内と申しましょうか。喉元過ぎれば熱さを忘れると申しましょうか。

「次」があるならどうするだろうと、考えるんですよ。
主宰の一人としては、そう簡単に満足するわけにも参りません。

運営物資のことで助けられすぎたんですよ。
主宰のU-kiが音響をいじくるためのミキサーを自腹で購入してくれたり。
パフォーマンスフェスティバルの主宰から、床に敷くためのブルーシートを借り受けることができたり。

DDRイベントが過度に乱立するのは問題ですが、運営資材がないせいで折角のアイディアを実行できないイベンターが居るのかもしれないと思いました。
また、既に定期的なイベント実施を行なっている方々においても、イベント開催の都度必要資材を取り揃えているのではないかと。

どうするか。
DDRイベント資材ファンドを作ったら良いのではないか。

【長所】
・イベント費用の抑制

【短所】
・管理人の資材数量管理負担
・備品に対する権利関係取り決め
・出資金管理

ありゃりゃ、短所のほうが多くなっちゃった。ダメじゃないのさ。
この仕組みを使って金儲けもできるわけなので、制度対応の必要もあるかもしれないですし。





では、現実的な対応はどんなんだろうと考えた所ですね。
やはり今回のフリスタみたく主宰どうしで人脈を作り、それぞれがその都度資材を融通するのがいいんでしょう。
主宰vs貸出人と、1対1のやりとりになるので、権利関係がハッキリしますから。

緩やかな「ファンド」を作って、そこに貸出人の情報登録をするわけです。
自分の場合は写真に載せてる「NU Boardとホワイトボードマーカーのセット」、そして「名札のカバー(30枚)持ってます」という。
それをイベンターが見て、任意の貸出人と個別交渉する。

情報登録をわざわざするような人は、たいていおせっかい焼きですから、まず協力を拒むことは考えづらいのです。
めんどくさがりだったり、頼まれごとが嫌いな人は最初っから情報を載せません。
開催場所や日時の関係で断らざるをえない場合でも、その人から別の人を紹介してもらうなどの代替案が提示される可能性が高い。

情報登録した人は、声をかけられれば手伝わざるをえない状況となるでしょう。
が、周囲からはイベント開催におけるその分野のエキスパートとして認知されるメリットもあります。
場合によっては資材のみならず、「司会」とか「受付」とか「経理」のように「能力」提供という選択肢もあるでしょうね。

そうすると、「イベンターとして先頭を張るのは嫌だけど、スタッフとしてなら進んで働きたい」という専門家タイプの人の活躍意欲を刺激するチャンスも作れるのではないでしょうか。


そんな緩やかファンドがあったら…ということを、頭の中から漏らしてみたエントリーでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

火雪

Author:火雪
当BLOG名にちなんで、管理人名は「火雪」。
ツイッターIDは @hyuki0813
一人黙々と作業ができる喫茶店を見つけると喜びます。
興味があっても知識がないのはPC、ITガジェットの類。
クラウドサービスも勉強中。
ゲームはDance Dance Revolutionが好物。
主な保持資格は証券アナリスト、証券外務員1級、日商簿記2級、秘書検定2級など。
お酒は人並みには飲みますが、自宅にアルコールを持ち込まない不思議な生態。
広島カープ大好き人間。
プロフィールアイコンはさをん屋.comにて作成頂いたものです。

ツイッター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。